秦星池(読み)はた せいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「秦星池」の解説

秦星池 はた-せいち

1763-1823 江戸時代後期の書家
宝暦13年生まれ。秦星塢(せいう)の父。江戸の人。長崎で清(しん)(中国)の胡兆新にまなび,楷書(かいしょ),行書にすぐれる。法帖(ほうじょう)に「清風帖」など。文政6年3月8日死去。61歳。名は其馨。字(あざな)は子馨。通称は源蔵。別号に菊如斎。著作に「和漢対照書札」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android