コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦星池 はた せいち

美術人名辞典の解説

秦星池

江戸後期の書家。江戸の人。名は其馨、字は子馨、別号に菊如斎。はじめ松会平陵に師事し孫過庭を摸す。のち長崎に遊び来舶清人胡兆新に書法を学んだ。また楷・行書も能くした。文政6年(1823)歿、61才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦星池 はた-せいち

1763-1823 江戸時代後期の書家。
宝暦13年生まれ。秦星塢(せいう)の父。江戸の人。長崎で清(しん)(中国)の胡兆新にまなび,楷書(かいしょ),行書にすぐれる。法帖(ほうじょう)に「清風帖」など。文政6年3月8日死去。61歳。名は其馨。字(あざな)は子馨。通称は源蔵。別号に菊如斎。著作に「和漢対照書札」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秦星池の関連キーワード桃江園雛亀

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android