コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移し絵 ウツシエ

デジタル大辞泉の解説

うつし‐え〔‐ヱ〕【移し絵】

水溶性の糊(のり)を塗った台紙模様を印刷したもの。水にぬらして物にはりつけ、乾ききらないうちに紙をはがすと台紙の模様や絵が転写される。陶器・ガラスなどの模様印刷に用い、また玩具にもする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うつしえ【移し絵】

台紙に水溶性の糊のりを塗り、模様や絵を裏返しに印刷したもの。これをぬらして物に貼り、しばらくして紙をはがすと印刷した絵だけが転写される。子供のおもちゃとする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

移し絵
うつしえ

人物や草花などの絵を紙に色刷りにした子供の玩具(がんぐ)。この絵を水にぬらして腕や手の甲、そのほか好きな場所に張り付けると、絵だけが台紙から離れて移り染まる。江戸末期には木版刷りで、いれずみをまねた図柄のものなどがあった。明治末期、陶磁器に模様印刷したものを転写する移し絵技術が開発され、それが玩具にも応用されるようになった。台紙の表面に水に可溶性の糊(のり)を塗り、その上に逆になった絵を印刷、台紙の裏から水に浸して、のち紙をはがすと、印刷した模様が紙や皮膚に移って張り付く。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

移し絵の関連キーワードおもちゃ転写印刷転写紙水溶性裏返し

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android