コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

程大位 ていだいい Cheng Da-wei

3件 の用語解説(程大位の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

程大位
ていだいい
Cheng Da-wei

[生]1533頃
[没]1600頃
中国,明代の数学者。休寧 (安徽省) の人。字は汝思,賓渠と号した。初め呉 (江蘇) ,楚 (湖北,湖南) 地方を数学の教師として旅行し,晩年には商業の一中心地であった安徽省新安に落ち着き,算術書の『新編直指算法統宗』 (17巻,1592。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ていだいい【程大位】

1533~?) 中国、明代の数学者。珠算法などを記した「新編直指算法統宗」(1592年)を著す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

程大位
ていだいい
(1533―1598ころ)

中国、明(みん)代の民間数学者。安徽(あんき/アンホイ)省休寧(きゅうねい)県の人。字(あざな)は汝思(じょし)。号は賓渠(ひんきょ)。明朝では、古い高等数学書が失われ、アカデミックな数学が衰微したが、彼は幼少より数学を好み、壮年時代には華中の各地を歩いて数学者を訪ね、江南の旅の間にも数学書を捜し求めて研究を重ね、のちに安徽省新安に落ち着いた。1592年に『新編直指算法統宗(さんぽうとうそう)』(略して『算法統宗』)17巻を著し、1598年にはこれを簡略化した、『算法纂要(さんよう)』4巻を編集した。『算法統宗』はこの時代に多く書かれた通俗数学書の一つで、呉敬の『九章算法比類大全』(1450)の影響を強く受けている。宋(そう)・元時代に発達した方程式、方陣、そろばん、歌訣(かけつ)(記憶に便利なように口調のよい歌にしたもの)なども扱っているが、古来の数学を『九章算術』の形式に従って編集しただけで、独創性はない。しかし、まれにみるベストセラーとなり、日本の吉田光由(みつよし)がこれを手本にして書いた、『塵劫記(じんごうき/じんこうき)』も日本で大好評を博するなど、和算に与えた影響も大きかった。[宮島一彦]
『銭宝編、川原秀城訳『中国数学史』(1990・みすず書房) ▽藪内清著『中国の数学』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の程大位の言及

【算法統宗】より

…中国,明の万暦年間に活躍した民間数学者程大位(字は汝思)の著述で,1592年(万暦20)のころに刊行された。詳しくは《新編直指算法統宗》といい,17巻より成る。…

※「程大位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

程大位の関連キーワード階乗Nエヌ頃・比N末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone