コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

程大位 ていだいいCheng Da-wei

3件 の用語解説(程大位の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

程大位
ていだいい
Cheng Da-wei

[生]1533頃
[没]1600頃
中国,明代の数学者。休寧 (安徽省) の人。字は汝思,賓渠と号した。初め呉 (江蘇) ,楚 (湖北,湖南) 地方を数学の教師として旅行し,晩年には商業の一中心地であった安徽省新安に落ち着き,算術書の『新編直指算法統宗』 (17巻,1592。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

程大位
ていだいい
(1533―1598ころ)

中国、明(みん)代の民間数学者。安徽(あんき/アンホイ)省休寧(きゅうねい)県の人。字(あざな)は汝思(じょし)。号は賓渠(ひんきょ)。明朝では、古い高等数学書が失われ、アカデミックな数学が衰微したが、彼は幼少より数学を好み、壮年時代には華中の各地を歩いて数学者を訪ね、江南の旅の間にも数学書を捜し求めて研究を重ね、のちに安徽省新安に落ち着いた。1592年に『新編直指算法統宗(さんぽうとうそう)』(略して『算法統宗』)17巻を著し、1598年にはこれを簡略化した、『算法纂要(さんよう)』4巻を編集した。『算法統宗』はこの時代に多く書かれた通俗数学書の一つで、呉敬の『九章算法比類大全』(1450)の影響を強く受けている。宋(そう)・元時代に発達した方程式、方陣、そろばん、歌訣(かけつ)(記憶に便利なように口調のよい歌にしたもの)なども扱っているが、古来の数学を『九章算術』の形式に従って編集しただけで、独創性はない。しかし、まれにみるベストセラーとなり、日本の吉田光由(みつよし)がこれを手本にして書いた、『塵劫記(じんごうき/じんこうき)』も日本で大好評を博するなど、和算に与えた影響も大きかった。[宮島一彦]
『銭宝編、川原秀城訳『中国数学史』(1990・みすず書房) ▽藪内清著『中国の数学』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の程大位の言及

【算法統宗】より

…中国,明の万暦年間に活躍した民間数学者程大位(字は汝思)の著述で,1592年(万暦20)のころに刊行された。詳しくは《新編直指算法統宗》といい,17巻より成る。…

※「程大位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

程大位の関連キーワード月舟寿桂佐渡国刈谷城岐阜城日野城石見銀山0 SIMル・ナン[兄弟]石田正澄大谷吉継

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone