コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

程大昌 ていだいしょうCheng Da-chang; Ch`êng Ta-ch`ang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

程大昌
ていだいしょう
Cheng Da-chang; Ch`êng Ta-ch`ang

[生]宣和5(1123)
[没]慶元1(1195)
中国,南宋の政治家,学者。徽州休寧 (安徽省休寧県) の人。字は泰之。諡は文簡。紹興 21 (1151) 年の進士。官は吏部尚書,竜図閣学士。地理学に詳しく,『演繁露』『北辺備対』などの著作がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

程大昌
ていだいしょう
(1123―1195)

中国、南宋(なんそう)の政治家、儒者。字(あざな)は泰之(たいし)。安徽(あんき)省休寧(きゅうねい)県の人。1151年の進士。吏部尚書、1190年竜図閣学士を経て官を退き、73歳で没した。政治上のことでしばしば献策し、官吏としても有能であったが、篤学で学究としても優れていた。とくに名物・典故の考証に力を注ぎ、漢唐の説を批判して新意を出すことに努めた。著に『易原』『禹貢(うこう)論』『演繁露(えんはんろ)』『考古編』『詩論』などがある。[村山吉廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

程大昌の関連キーワード政治家紹興

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android