コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稚日女尊 わかひるめのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稚日女尊 わかひるめのみこと

日本書紀」にみえる神。
斎服殿(いみはたどの)で衣を織っているとき,素戔嗚尊(すさのおのみこと)がなげいれた逆剥(さかは)ぎの馬におどろき,梭(ひ)で傷ついて死んだ。そのため天照大神(あまてらすおおみかみ)は天岩窟(あまのいわや)に身をかくしてしまう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稚日女尊
わかひるめのみこと

書紀神話の素戔嗚尊(すさのおのみこと)乱行の一伝で、尊(みこと)が逆剥(さかは)ぎの馬を織機殿(はたどの)に投げ入れたために梭(ひ)で傷ついて去る神。紀本文では、大日(おおひるめ)ともよばれる天照大神(あまてらすおおみかみ)の話となっているため、ここの稚日女尊はその分身と考えられる。この尊は『神功(じんぐう)摂政前紀』にも「尾田の吾田節(あがたふし)の淡郡(あわのこおり)にある神」と名のり、皇后の半島平定後ふたたび天照大神、事代主神(ことしろぬしのかみ)、住吉(すみよし)三神とともに武庫(むこ)(武器庫)で託宣し、海上五十狭茅(うなかみのいさち)によって生田(いくた)神社(神戸市)に祀(まつ)られる。この記事は、生田神社の創始を国家の祭祀(さいし)に由緒づけて添加したもので、ここの稚日女尊には、日の御子(みこ)漂流を主題とする大比留女(おおひるめ)信仰のおもかげがなお残っている。[吉井 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の稚日女尊の言及

【生田神社】より

…神戸市中央区に鎮座。稚日女(わかひるめ)尊をまつる。《日本書紀》によると神功皇后が外征より凱旋するとき,武庫の水門で船が進まなくなったので占ったところ稚日女尊の〈吾を活田(いくた)の長峡(ながお)の国に祀れ〉との教えがあり,海上五十狭茅(うなかみのいさち)に命じてまつらせた。…

※「稚日女尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

稚日女尊の関連キーワード日本神話の神々海上五十狭茅伊射波神社玉津島神社比々多神社天若日子生田神社吉井

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android