コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲垣覚之丞 いながき かくのじょう

1件 の用語解説(稲垣覚之丞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣覚之丞 いながき-かくのじょう

1830-1867 幕末の武士。
天保(てんぽう)元年生まれ。越後(えちご)(新潟県)村松藩士。藩主堀直賀(なおよし)に近侍し,下野勘平(しもの-かんぺい),佐々耕庵(ささ-こうあん)らの勤王運動にくわわったが,佐幕派の家老にはばまれて側用人使番の職を追われた。勘平ら6人が捕らえられて死罪を宣告されたと知り,自分だけたすかるのを恥じて自首,慶応3年5月19日切腹した。38歳。名は重喬。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

稲垣覚之丞の関連キーワード賀島長総田中誠輔露木恒之進丹羽恵介丹羽精蔵野村助作牧野正之進御園紹元安田鉄吉山内豊誉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone