コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲垣覚之丞 いながき かくのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣覚之丞 いながき-かくのじょう

1830-1867 幕末の武士。
天保(てんぽう)元年生まれ。越後(えちご)(新潟県)村松藩士。藩主堀直賀(なおよし)に近侍し,下野勘平(しもの-かんぺい),佐々耕庵(ささ-こうあん)らの勤王運動にくわわったが,佐幕派家老にはばまれて側用人使番の職を追われた。勘平ら6人が捕らえられて死罪を宣告されたと知り,自分だけたすかるのを恥じて自首,慶応3年5月19日切腹した。38歳。名は重喬。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲垣覚之丞の関連キーワード奴隷制廃止運動フランス史(年表)アメリカ美術選挙法改正民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールオーストラリア・ニュージーランド文学カナダ文学

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android