コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲毛屋山 いなげ おくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲毛屋山 いなげ-おくざん

1755-1823 江戸時代中期-後期の篆刻(てんこく)家。
宝暦5年生まれ。市河恭斎の父。讃岐(さぬき)高松藩士であったが,辞して京都の儒者皆川淇園(きえん)に師事。のち江戸にすんで高芙蓉(こう-ふよう)に篆刻をまなび,その後継者と目された。文政6年1月19日死去。69歳。名は直道。字(あざな)は聖民。通称は官左(右)衛門。別号に燕々居。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲毛屋山の関連キーワードリスボンミツケーウィチウェーラー忠海鶴屋南北ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android