コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市河恭斎 いちかわ きょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市河恭斎 いちかわ-きょうさい

1796-1833 江戸時代後期の書家。
寛政8年生まれ。稲毛屋山(おくざん)の長男。江戸で市河米庵に書をまなび,その妹婿で養子となる。篆刻(てんこく)もよくした。天保(てんぽう)4年6月27日死去。38歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。名は三千。字(あざな)は桃翁。通称は三千太郎。編著に「米庵先生百絶」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市河恭斎の関連キーワードアーガー・ムハンマドハーシェルエカチェリーナドニエプロペトロフスクシーボルトニーマンメドハースト嘉慶帝ドニエプロペトロフスクエカテリーナ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android