コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市河恭斎(読み)いちかわ きょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市河恭斎 いちかわ-きょうさい

1796-1833 江戸時代後期の書家。
寛政8年生まれ。稲毛屋山(おくざん)の長男。江戸で市河米庵に書をまなび,その妹婿で養子となる。篆刻(てんこく)もよくした。天保(てんぽう)4年6月27日死去。38歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。名は三千。字(あざな)は桃翁。通称は三千太郎。編著に「米庵先生百絶」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android