コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲田海素 いなだ かいそ

1件 の用語解説(稲田海素の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲田海素 いなだ-かいそ

1869-1956 明治-昭和時代の僧。
明治2年11月1日生まれ。加藤文雅が開宗650年記念事業として出版を発願した「日蓮聖人御遺文」の編集にくわわる。全国各地の真筆,古写本を調査,校訂し,明治37年刊行。のち「日蓮聖人御真蹟」も編集。その生涯を遺文の研究にささげた。昭和31年2月26日死去。86歳。越後(えちご)(新潟県)出身。号は白牙院。法名は別に日達。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲田海素の関連キーワード藩学一覧女性参政権トヨエースSKB児童文学賞実業之日本伊庭八郎大村益次郎神代直人デ・ロング松平容大

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone