コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稽古娘 けいこむすめ

1件 の用語解説(稽古娘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいこむすめ【稽古娘】

歌舞伎舞踊作品。富本。1846年(弘化3)3月江戸中村座初演。尾上多見蔵七変化所作事《七重咲浪花土産(ななえざきなにわのいえづと)》のうち〈深窓の振袖〉の曲。作曲名見崎安治。振付藤間勘右衛門藤間大助西川巳之助西川芳次郎。同じく多見蔵が1841年(天保12)7月中村座で踊った九変化《八重九重花姿絵》の中の長唄《稽古娘》(10世杵屋六左衛門作曲)を改めたもの。深窓の娘が振袖姿で,稽古帰りの様子を踊る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

稽古娘の関連キーワードヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇海王星浦上春琴オイケン海王星和宮

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone