コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稽古娘 けいこむすめ

1件 の用語解説(稽古娘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいこむすめ【稽古娘】

歌舞伎舞踊作品。富本。1846年(弘化3)3月江戸中村座初演。尾上多見蔵七変化所作事《七重咲浪花土産(ななえざきなにわのいえづと)》のうち〈深窓の振袖〉の曲。作曲名見崎安治。振付藤間勘右衛門藤間大助西川巳之助西川芳次郎。同じく多見蔵が1841年(天保12)7月中村座で踊った九変化《八重九重花姿絵》の中の長唄《稽古娘》(10世杵屋六左衛門作曲)を改めたもの。深窓の娘が振袖姿で,稽古帰りの様子を踊る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

稽古娘の関連キーワード歌舞伎舞踊子守日本舞踊変化物丹前物市原野歌舞伎狂言歌舞伎浄瑠璃どんつく所作立て

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone