コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積 重遠(読み)ホヅミ シゲトオ

20世紀日本人名事典の解説

穂積 重遠
ホヅミ シゲトオ

明治〜昭和期の民法学者,男爵 東京帝大名誉教授;最高裁判事;東宮大夫。



生年
明治16(1883)年4月11日

没年
昭和26(1951)年7月29日

出生地
東京市深川区(現・東京都江東区)

学歴〔年〕
東京帝大法科大学独法科〔明治41年〕卒

学位〔年〕
法学博士〔大正6年〕

経歴
東京帝大を卒業したあと母校の講師から明治43年助教授となり、45年から4年間、独・仏・英国に留学。大正5年東大教授となってからは民法講座、法理学講座を担当する。10年東大法学部に判例研究会を結成。12年には東大セツルメントの創立に参加。法学部長を3回務め、昭和18年に定年退官、名誉教授。19年貴院議員。民法、とくに家族法の研究に打ちこむ一方、法律の大衆化をはかって「私たちの民法」「百万人の法律学」「民法読本」など平易な法律書を積極的に書いた。主著に「法理学大綱」「離婚制度の研究」「親族法」「相続法」。また異色の研究として“縁切寺”といわれる鎌倉・東慶寺の貴重な資料を「離縁状と縁切寺」にまとめた。戦後、20年8月東宮大夫兼東宮侍従長となり、皇太子の教育にあたる。24年には最高裁判事に就任、真野毅とともに尊属殺人を違憲とする少数意見で注目される。「歌舞伎思出話」の著書もある粋人だった。大正15年男爵襲爵。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

穂積 重遠 (ほづみ しげとお)

生年月日:1883年4月11日
明治時代-昭和時代の民法学者;男爵。最高裁判事;東宮大夫
1951年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android