コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真野毅 まの つよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真野毅 まの-つよし

1888-1986 大正-昭和時代の弁護士,裁判官。
明治21年6月9日生まれ。大正3年弁護士を開業。昭和15年,22年の2度第二東京弁護士会会長をつとめる。22年最高裁判事となり,尊属殺事件,チャタレイ事件などに関与。人権擁護,護憲の立場からおおくの「少数意見」をしめした。昭和61年8月28日死去。98歳。愛知県出身。東京帝大卒。
【格言など】人の生命は尊貴である。一人の生命は地球より重い(昭和23年大法廷判決起草文)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真野毅の関連キーワードチャタレイ事件穂積 重遠斎藤 悠輔6月9日少数意見

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真野毅の関連情報