コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積五百枝 ほづみの いおえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積五百枝 ほづみの-いおえ

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申の乱(672)に際し,兄の百足(ももたり)らとともに大友皇子(弘文天皇)の命で兵をあつめるため倭京(やまとのみやこ)(飛鳥)に派遣された。大海人(おおあまの)皇子(のちの天武天皇)側につく大伴吹負(おおともの-ふけい)の策略にかかり,百足は殺され,五百枝は捕らえられたがのちゆるされた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

穂積五百枝の関連キーワード壬申

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android