百足(読み)ヒャクソク

デジタル大辞泉の解説

ひゃく‐そく【百足】

100の足。また、多くの足。
ムカデのこと。

むかで【百足/蜈蚣】

唇脚綱の節足動物のうち、ゲジ類を除いたものの総称。体長0.5~15センチ。体は細長く、多数の体節に分かれ、各体節に一対ずつ歩脚をもつ。口には鉤(かぎ)状の牙と毒腺とがある。落ち葉や土の中にすみ、小動物を捕食。大形のトビズムカデやアオズムカデにかまれると激痛がある。 夏》「―出づ海荒るる夜に堪へがたく/誓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百足の関連情報