コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百足 ヒャクソク

デジタル大辞泉の解説

ひゃく‐そく【百足】

100の足。また、多くの足。
ムカデのこと。

むかで【百足/蜈蚣】

唇脚綱の節足動物のうち、ゲジ類を除いたものの総称。体長0.5~15センチ。体は細長く、多数の体節に分かれ、各体節に一対ずつ歩脚をもつ。口には鉤(かぎ)状の牙と毒腺とがある。落ち葉や土の中にすみ、小動物を捕食。大形のトビズムカデやアオズムカデにかまれると激痛がある。 夏》「―出づ海荒るる夜に堪へがたく/誓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃくそく【百足】

一〇〇の足。多くの足。
一足の100倍。
ムカデの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

百足 (ムカデ)

動物。ムカデ類の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

百足の関連キーワード絵馬(社寺に奉納する額)百足の虫は死して倒れずヤスデ(馬陸)ハチ(昆虫)ムカデンダー新田原古墳群おかったるい日立風流物俵藤太伝説俵藤太物語日光山縁起改氏・改名穂積五百枝斧の定九郎宮代謙吉大和長岡猿丸太夫大倭長岡八十隈手百足屋町

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百足の関連情報