倭京(読み)わきょう

世界大百科事典 第2版「倭京」の解説

わきょう【倭京】

藤原京以前に飛鳥を中心に存在したと想定される京の仮称。6世紀末に推古天皇豊浦(とゆら)宮で即位し,ついで小墾田(おはりだ)宮に移って以後,天武天皇の飛鳥浄御原宮に至るまでの間,飛鳥を中心につぎつぎと宮室が営まれた。そこでそれら諸宮の所在地も総称して広く倭京と呼ばれたが,それは明確な行政区域をもつものではなく,漠然と〈やまとのみやこ〉という意味であった。しかし《日本書紀》によると,天武朝に入って急に〈京・畿内〉や〈京師〉など明らかに行政単位を示すとみられる〈京〉の用例が頻出し,また683年(天武12)には飛鳥のほかに難波にも〈都城・宮室〉を造って陪都とする複都制採用のが出され,さらに〈京職大夫〉の存在もうかがわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報