コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭京 わきょう

1件 の用語解説(倭京の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わきょう【倭京】

藤原京以前に飛鳥を中心に存在したと想定される京の仮称。6世紀末に推古天皇が豊浦(とゆら)宮で即位し,ついで小墾田(おはりだ)宮に移って以後,天武天皇飛鳥浄御原宮に至るまでの間,飛鳥を中心につぎつぎと宮室が営まれた。そこでそれら諸宮の所在地も総称して広く倭京と呼ばれたが,それは明確な行政区域をもつものではなく,漠然と〈やまとみやこ〉という意味であった。しかし《日本書紀》によると,天武朝に入って急に〈京・畿内〉や〈京師〉など明らかに行政単位を示すとみられる〈京〉の用例が頻出し,また683年(天武12)には飛鳥のほかに難波にも〈都城・宮室〉を造って陪都とする複都制採用の詔が出され,さらに〈京職大夫〉の存在もうかがわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

倭京の関連キーワード飛鳥文化古神道藤原京飛鳥井流鸚鵡よく言えども飛鳥を離れずパンゲア飛鳥京跡古傷想定外エクソトロピック

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone