穂苅三寿雄(読み)ほかり みすお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂苅三寿雄 ほかり-みすお

1891-1966 大正-昭和時代の山小屋経営者。
明治24年3月19日生まれ。北アルプスに魅せられ,大正6年に槍沢(やりさわ)小屋,15年に槍ケ岳肩ノ小屋(現槍ケ岳山荘)をつくった。山岳写真や播隆(ばんりゅう)上人の研究でも知られた。昭和41年3月14日死去。74歳。長野県出身。著作に「槍岳開祖播隆」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android