コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積分球(読み)せきぶんきゅう(英語表記)integrating sphere

世界大百科事典 第2版の解説

せきぶんきゅう【積分球 integrating sphere】

内壁に酸化マグネシウム硫酸バリウムなどの白色拡散反射塗料を塗った中空の球で,おもに光源の全光束(すべての方向に出る光束の和)の測定に用いる。光源を球の中心で点灯し,壁の一部に小窓をあけて乳白ガラスをはめ込み,また光源の直射光が乳白ガラスに当たらないよう両者の中間に小さな不透明板を置く(図)。こうすると乳白ガラスに入りこれを透過して球外の測光器に入る光は,すべて光源から出て内壁に当たり,1回以上無限回までの反射を繰り返した光だけである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の積分球の言及

【乱反射】より

…反射光強度の分布が入射光の方向に依存せず,反射面を見込む立体角に比例するような場合,その反射面を完全拡散反射面と呼ぶ。内側を完全拡散反射面にした球を積分球といい,形の複雑な物体の吸収率や,光が曲がるレンズの透過率,四方に広がる蛍光の効率などの測定に用いられる。反射【三須 明】。…

※「積分球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android