コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穎才新誌 えいさいしんし

世界大百科事典 第2版の解説

えいさいしんし【穎才新誌】

明治期の投書雑誌。1877年3月10日,東京の製紙分社から創刊。《団々(まるまる)珍聞》《芳譚雑誌》のように投書を重視する雑誌が多かった明治初期に,小学校生徒の作文を中心にした青少年の本格的な投書専門誌として出発。投書内容は,修身や立身出世を扱った教科書風の紋切型が多かったが,しだいに文学色を濃くしていった。ほぼ週刊で,末期の1901年ごろには月刊となる。尾崎紅葉大町桂月田山花袋ら明治の文学者の多くが本誌の愛読者,投稿者であり,文学愛好の青少年に投稿を習慣づけることによって,明治文学の基盤づくりに寄与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の穎才新誌の言及

【投書】より

…明治初期では有力な投書家が記者としてスカウトされることが珍しくなく,投書家から政治家,文学者などが輩出した。この当時の盛んな投書ブームは,《穎才(えいさい)新誌》(1877創刊)に代表される投書雑誌を生んだ。明治30年代前半には,はがき投書が流行した。…

※「穎才新誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

穎才新誌の関連キーワード児童雑誌高山樗牛

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android