コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空晴 くうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

空晴 くうせい

878-958* 平安時代中期の僧。
元慶(がんぎょう)2年生まれ。大和(奈良県)の人。興福寺の延賓に法相(ほっそう)をまなぶ。承平(じょうへい)2年維摩会(ゆいまえ)講師(こうじ)をつとめ,天暦(てんりゃく)3年少僧都,興福寺別当となる。真喜,平仁らおおくの門弟をそだてた。天徳元年12月9日死去。80歳。俗姓は伊勢。法名は「こうしょう」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

空晴の関連キーワード立ち居・起ち居上瀧昇一郎岡部尚子上田康人郷静子予て守朝浦曲真興仲算希求

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android