コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空晴 くうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

空晴 くうせい

878-958* 平安時代中期の僧。
元慶(がんぎょう)2年生まれ。大和(奈良県)の人。興福寺の延賓に法相(ほっそう)をまなぶ。承平(じょうへい)2年維摩会(ゆいまえ)講師(こうじ)をつとめ,天暦(てんりゃく)3年少僧都,興福寺別当となる。真喜,平仁らおおくの門弟をそだてた。天徳元年12月9日死去。80歳。俗姓は伊勢。法名は「こうしょう」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

空晴の関連キーワードアンジュー家劉ちょう平安時代(年表)源厳子俘囚の乱日航機ニアミス事故農業協同組合(JA)皇朝十二銭皇朝十二銭スールー[諸島]

空晴の関連情報