コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空然 クウゼン

デジタル大辞泉の解説

くう‐ぜん【空然】

[ト・タル][文][形動タリ]何も考えずにぼんやりしているさま。うつろなさま。
「失望もなく希望もなく、ただ―として」〈独歩・空知川の岸辺〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうぜん【空然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
ぼんやりとしてむなしいさま。空虚なさま。 「失望もなく希望もなく、ただ-として/空知川の岸辺 独歩
本来あるべき中身がないさま。 「広蓋ひろぶたの上には入物ばかり-たり/滑稽本・七偏人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空然の関連キーワード足利政氏足利義明松本樨柯滑稽本トタル誠照寺空空然