コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穿ぐ ウグ

デジタル大辞泉の解説

う・ぐ【×穿ぐ】

[動ガ下二]《「うがつ」の自動詞形。上代は「うく」》
穴があく。くぼむ。また、出っぱったものが欠け落ちる。
「磯打つ波に当たりて大きに―・げたる岩穴あり」〈太平記・一八〉
「瘡(かさ)ガ―・ゲタ」〈日葡
(「目うぐ」の形で)無量の思いで遠望しつづけ、目がおちくぼむ。
「望めば、眼―・げぬべし」〈海道記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うぐ【穿ぐ】

( 動下二 )
〔上代は「うく」と清音〕
穴があく。落ちくぼむ。 「大きに-・げたる岩穴あり/太平記 18
肉体の一部やかさぶたなどが欠け落ちて、穴があいたようになる。 「瘡かさガ-・ゲタ/日葡」 〔「うがつ」に対する自動詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

穿ぐの関連キーワード自動詞

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android