コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突っ掛け ツッカケ

デジタル大辞泉の解説

つっ‐かけ【突っ掛け】

足の爪先のほうをひっかけるようにして履く手軽な履物。木・ゴム・ビニールなどのサンダルの類。
何の前触れもなく、だしぬけにすること。
「大変な大入だから到底―に行ったって這入れる気遣はない」〈漱石吾輩は猫である
歌舞伎下座音楽の一。時代物の合戦・立ち回りなどで、人物が勢い込んで出るときに用いる大鼓小鼓鳴り物能管・太鼓入りのときもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つっかけ【突っ掛け】

「突っ掛け草履」の略。
すぐさまその事をすること。 「突然上京すると、旅装束で-に渋谷へ飛込むで/二人女房 紅葉
歌舞伎の下座げざ音楽。武士などが勢いこんで登場するときに用いる大小鼓・笛の鳴り物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

突っ掛けの関連キーワードアンコンシューズ突っ掛け草履サンダル前触れ旅装束履物爪先突っ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

突っ掛けの関連情報