コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竄入/攙入 ザンニュウ

デジタル大辞泉の解説

ざん‐にゅう〔‐ニフ〕【×竄入/×攙入】

[名](スル)
逃げ込むこと。
誤って紛れ込むこと。
「我々の間に―している哲学的虚無主義」〈啄木・時代閉塞の現状
本文中に不要な字句などが紛れ込むこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざんにゅう【竄入】

( 名 ) スル
逃げこむこと。 「中立港湾に-して/此一戦 広徳
誤って余計なものがまぎれ込むこと。 「本文に注が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竄入/攙入の関連キーワード惨・慚・懺・斬・暫・残・殘・竄・讒豊宇気毘売神町人考見録史料批判虚無主義啓顔録春秋

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android