コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竈形土器 かまどがたどき

1件 の用語解説(竈形土器の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かまどがたどき【竈形土器】

壁や床に作り付けられた炊飯施設と区別される持ち運び可能な土製の炊飯具。耐火に適した土師器(はじき)の竈・釜・甑・鍋がセットをなす。源流は中国・朝鮮の炊飯制にあり,5世紀後半に伝わり,以後〈韓竈(からかまど)〉と呼ばれてきた。6世紀後半,漢の王室の後裔と称する一部の百済系渡来氏族の間では韓竈のミニチュアを古墳に収める慣行があり,冥界の竈,死者の炊飯,生者と死者の火継のシンボルとなっている。イザナキ・イザナミの〈黄泉之竈(よもつへぐい)〉の神話とも関連する慣行である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竈形土器の関連キーワードブラケット刑務所ダストシュート押板個我炊飯器作り付ける擦付け木作り付けまぐさ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone