竈形土器(読み)かまどがたどき

世界大百科事典 第2版の解説

かまどがたどき【竈形土器】

壁や床に作り付けられた炊飯施設と区別される持ち運び可能な土製の炊飯具。耐火に適した土師器(はじき)の・甑・鍋がセットをなす。源流は中国・朝鮮の炊飯制にあり,5世紀後半に伝わり,以後〈韓竈(からかまど)〉と呼ばれてきた。6世紀後半,王室の後裔と称する一部の百済系渡来氏族の間では韓竈のミニチュア古墳に収める慣行があり,冥界の竈,死者の炊飯,生者と死者の火継のシンボルとなっている。イザナキ・イザナミの〈黄泉之竈(よもつへぐい)〉の神話とも関連する慣行である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かまどがた‐どき【竈形土器】

〘名〙 古墳時代に副葬のために作られた竈、釜、甑(こしき)からなる炊具の模造土器。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android