コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立体図学 りったいずがく

1件 の用語解説(立体図学の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

立体図学【りったいずがく】

画法幾何学または単に図学とも。空間におかれた立体を平面上に正確に描く方法,およびその図から立体の面の幾何学性質その他について研究する幾何学の一分野。フランスモンジュが創始。
→関連項目モンジュ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の立体図学の言及

【画法幾何学】より

…三次元の空間図形(点,線,面ならびにこれらで構成されている立体)を,二次元の平面上に表示し,かつこれらの図形の相互関係を定性的,定量的に考察する学問で,分類上は幾何学の一分野。図法幾何学,立体図学とも呼ばれる。画法幾何学の創始者はフランスのG.モンジュで,彼は城壁の設計を計算によらず作図によって解く方法を開発した。…

※「立体図学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone