コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立信 りゅうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立信 りゅうしん

1213-1284 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)元年生まれ。浄土宗西山派の祖証空に師事し,山城(京都府)深草真宗(しんじゅう)院をひらき,深草派の祖となる。山城三鈷(さんこ)寺,光明寺,京都誓願寺などの住持もつとめた。弘安(こうあん)7年4月18日死去。72歳。大和(奈良県)出身。字(あざな)は円空。号は極楽房。法名は隆信ともかく。著作に「観経疏記(かんぎょうしょき)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

立信の関連キーワード足立信頭(あだちのぶあき)スタビスキー事件馬場佐十郎決定往生集足立信行足立左内麻田剛立鎌倉時代狩野永悳山路諧孝天保暦建保如円顕意

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android