立売堀(読み)いたちぼり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪市西区の中央に東西に延びるもと運河。東は西横堀川(現在は埋立て)から西の木津川を結び、延長約1.3キロメートル、幅16メートル。開削は1626年(寛永3)宍喰屋次郎右衛門(しぐいやじろうえもん)により完成。のち、堀沿いに木材の立ち売り免許を得て立売堀と名づけられ、江戸深川、熱田白鳥(あつたしろとり)とともに三大木場と称された。いたち堀の呼称は、大坂の陣での伊達(だて)氏の陣地の堀跡を伊達(いたち)堀と俗称したのが転用されたという。1956年(昭和31)復興区画整理により埋め立てられた。付近には木材、金属、機械工具の問屋が多い。

[位野木壽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android