コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宍喰屋次郎右衛門 ししくいや じろうえもん

4件 の用語解説(宍喰屋次郎右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宍喰屋次郎右衛門 ししくいや-じろうえもん

?-? 江戸時代前期の商人。
大坂の南組惣年寄で,廻船問屋をいとなむ。中断していた立売堀(いたちぼり)川の開削を再開,寛永3年(1626)完成させた。その名は宍喰屋橋(昭和31年撤去)にのこった。号は宗甫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宍喰屋次郎右衛門

生年:生没年不詳
江戸時代前期の大坂の豪商のひとり。号は宗甫。江戸時代の初期に大坂の町造りに貢献し,元和6(1620)年に着手され,工事が中断していた立売堀の開削を継続し,完成させた。立売堀に架かっていた宍喰屋橋(1956年撤去)は彼が架設したもの。延宝期(1673~81)には大坂三郷の南組惣年寄を勤め,町政で重きをなした。のち,新町廓中の瓢箪町を支配したという。延宝期に越前福井藩の大坂蔵屋敷の名代・蔵元となった宍喰屋三郎左衛門はその一統と推定される。<参考文献>『大阪市史

(宮本又郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ししくいやじろうえもん【宍喰屋次郎右衛門】

江戸前期の大坂町人。生没年不詳。南組惣年寄を務めた。1955年に埋め立てられた立売堀(いたちぼり)川は,1620年(元和6)に開削着手,一時中止となっていたが,彼によって工事が再開され,26年(寛永3)完成。これによって新町が発展したという。この運河に架かっていた宍喰屋橋は,彼を記念したものと伝える。新町のうちの佐渡屋町に隠宅を置き,宗甫と号した。【藤本 篤】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宍喰屋次郎右衛門
ししくいやじろうえもん

生没年不明。江戸前期の大坂町人。1679年(延宝7)の『難波鶴(なにわのつる)』に、住所は立売堀(いたちぼり)で南組惣年寄(そうどしより)の一人としてみえる。立売堀は、伊達(いたち)堀、鼬(いたち)堀とも書き、大坂西横堀(にしよこぼり)川より百間堀(ひゃっけんぼり)川へ入る数条の堀川の一つであり、1620年(元和6)開削、いったん中断したが、26年(寛永3)宍喰屋により完成された。東より5番目の橋を宍喰屋橋という。おそらく付近に屋敷があったのであろう。[脇田 修]
『『大阪市史 第1巻』(1913・大阪市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宍喰屋次郎右衛門の関連キーワード鴻池天王寺屋加島屋淀屋蔭山休安梶山保友鴻池善右衛門(4代)仲上法策淀屋常安岡田徯志

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone