御馳走(読み)ゴチソウ

  • ごっつぉう
  • 御×馳走

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
馳走」を、それをする人や、する相手を敬っていう。また、「馳走」の美化語。心を込めてもてなすこと。特に、食事などをふるまうこと。また、そのもてなし。「ご馳走になる」「鮨(すし)をご馳走する」「冬は火が何よりのご馳走だ」
ぜいたくな料理。豪華な食事。「生まれてはじめてのご馳走だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ご」は接頭語。「馳走」の尊敬・丁寧語)
① 心を込めたもてなし。また、そのときふるまう酒や料理など。
※虎明本狂言・末広がり(室町末‐近世初)「客人への御ちそうじゃほどに、きゃうへのぼってもとめてこい共云」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「此花が私に対する御馳走(ゴチソウ)に活けられたのだといふ事を知った時」
② うまい飲み物や食べ物。ぜいたくな食事。立派な料理。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「手形の『びいる』が一ぽんと、あらはれやした。ところで、しゃアしゃアと御馳走(ゴチソウ)てうだいの間が」
③ 追従(ついしょう)すること。御機嫌とりをすること。
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)五「かたじけなき㒵つき追(つち)で庭はくといふ御地走(ゴチソウ)ふるし、新しき御機嫌取の咄しに夜を明し」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「『蛸助に蕎麦を奢らせますやうにまもらせ給へ』〈略〉『これは御馳走(ゴチサウ)でございます。サアサア蕎麦屋へはやく誂て来い』」
⑤ 歌舞伎や寄席などで、所定以外のせりふやしぐさを特にやって見せること。また、主役級の役者が端役に出たりして観客を喜ばせること。
[語誌](1)江戸時代には、まだ漢語「馳走」の原義(走り回る・周旋の意)が残っていたと思われ、①の用法では、酒や料理の意で用いられることよりも、接待・もてなしの意で用いる方が一般的。
(2)現代語では①②の用法でのみ用いられるが、①の用法としては、もっぱら「ご馳走する」「ご馳走になる」の形で用いられ、形式が固定化している。
(3)江戸時代など、ふるくは「馳走になる」など「馳走」の形で用いられることもあったが、次第に丁寧語形「ご馳走」の方が一般的となった。
〘名〙 (「ごっつぉ」とも) 「ごちそう(御馳走)」の変化した語。
※父の婚礼(1915)〈上司小剣〉二「今日はわてへ一人で御(ゴッ)つぉうの独り占めや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御馳走の関連情報