立浪貝(読み)タツナミガイ

大辞林 第三版の解説

たつなみがい【立浪貝】

腹足綱の軟体動物。体は後方の太い長卵形で、体長約20センチメートル。体表に多数の円錐状突起がある。巻貝の仲間で、体内に立浪形の大きな石灰質の殻をもつ。房総半島以南の西太平洋、インド洋に広く分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

立浪貝 (タツナミガイ)

学名:Dolabella auricularia
動物。アメフラシ科の動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android