コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立浪貝 タツナミガイ

デジタル大辞泉の解説

たつなみ‐がい〔‐がひ〕【立浪貝】

アメフラシ科の巻き貝潮間帯岩礁にすむ。体長約20センチで緑褐色、体表に多くの小突起があり、触ると紫色の液を出す。貝殻は小さい三角形で、殻頂が曲がっている。本州中部以南に分布

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たつなみがい【立浪貝】

腹足綱の軟体動物。体は後方の太い長卵形で、体長約20センチメートル。体表に多数の円錐状突起がある。巻貝の仲間で、体内に立浪形の大きな石灰質の殻をもつ。房総半島以南の西太平洋、インド洋に広く分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

立浪貝 (タツナミガイ)

学名:Dolabella auricularia
動物。アメフラシ科の動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

立浪貝の関連キーワードタツナミガイインド洋軟体動物石灰質腹足綱巻貝後方体内

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android