コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花種明 たちばな たねあきら

1件 の用語解説(立花種明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花種明 たちばな-たねあきら

1644-1699 江戸時代前期の大名。
正保(しょうほ)元年生まれ。立花種長の長男。天和(てんな)2年筑後(ちくご)(福岡県)三池藩主立花家3代となる。元禄(げんろく)12年1月8日死去。56歳。通称は弥七郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

立花種明の関連キーワード一如上人中島川広渡一湖落語ウルバヌス崇禎帝小西マンショウルバヌス崇禎帝正保

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone