コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花種長 たちばな たねなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花種長 たちばな-たねなが

1625-1711 江戸時代前期の大名。
寛永2年8月生まれ。立花種次の長男。寛永7年6歳で筑後(ちくご)(福岡県)三池藩主立花家2代となる。寛文4年早鐘(はやがね)池をきずき,延宝2年有明海沿岸の農地に通水するための早鐘眼鏡橋をかけた。宝永8年2月1日死去。87歳。通称は弥七郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

立花種長の関連キーワード立花種明

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android