コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タツ

デジタル大辞泉の解説

たつ【立】

和船で、船体上部構造に用いる柱状部材総称垣立(かきたつ)・車立(しゃたつ)・大立(おおたつ)など。立つ木。

りつ【立】[漢字項目]

[音]リツ(慣) リュウ(リフ)(呉)(漢) [訓]たつ たてる リットル
学習漢字]1年
〈リツ〉
足場を定めてたつ。まっすぐにたてる。「立錐(りっすい)立像立体起立屹立(きつりつ)侍立佇立(ちょりつ)直立倒立林立
根拠や基礎をしっかりと定める。なりたつ。「立案立脚立証立身立法確立国立私立自立而立(じりつ)樹立成立設立創立存立対立中立鼎立(ていりつ)独立両立連立
ある地位に就かせる。「立太子廃立擁立
新しい季節が始まる。「立夏立秋立春立冬
3乗すること。「立方
〈リュウ〉
根拠や基礎をしっかりと定める。「建立(こんりゅう)安心立命(あんじんりゅうみょう)不立文字
立方。「立米(りゅうべい)開立
[名のり]たか・たかし・たち・たつる・たて・のぼる・はる
[難読]脚立(きゃたつ)献立(こんだて)衝立(ついたて)

リットル【立】

メートル法容積の単位。1リットルは1立方デシメートル。1964年までは、1気圧下で最大密度となるセ氏4度の純水1キログラムの体積とされ、1.000028立方デシメートルであった。記号l リッター

りゅう【立】[漢字項目]

りつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

立【たて】

日本音楽用語。主役の意味。2人以上で演奏する場合に,その主席奏者を,声楽,伴奏,助奏それぞれについて〈立〉という。立唄立三味線,立鼓などとも。主として歌舞伎音楽の用語で,長唄常磐津節清元節などで使っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

リットル【立】

体積の単位。1000立方センチメートルの呼称。1964年以前には、水1キログラムが一気圧のもとで最大密度を示すときの体積(1.000028立方デシメートル)を一リットルと呼んだ。リッター。記号 l 〔「立」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


たて

日本音楽用語。清元(きよもと)節、常磐津(ときわず)節などの浄瑠璃(じょうるり)や長唄(ながうた)の場合、その首席奏者を「立」(とくに長唄では「立唄(たてうた)」)、「立三味線(たてじゃみせん)」「立小鼓(こつづみ)」などと称する。これから転じて、演奏者の階級をさすこともある。次席者は「脇(わき)」または「二枚目」、その次の者は「ながれ」または「三枚目」とよばれる。
 山田流箏曲(そうきょく)でも、箏二面以上、三味線一挺(ちょう)の編成で合奏するが、箏の第一奏者を「タテ」、第二奏者を「ワキ」という。歌は全員で弾き歌いをするが、「歌い分け」の部分では、歌本に「シテ」とある箇所をタテが、「ワケ」の箇所をワキ以下が、それぞれ分担して弾きながら独唱する。[柴田典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

立の関連キーワード佐賀県佐賀市富士町市川エレベーションくまのウッディリーリーサンマジカルくん榎 市次郎小野 光洋佐久間高方長野桂次郎藤原 幽竹木村庄之助式守伊之助文教大学長烏帽子遠藤雉啄細烏帽子天常立神面浮立密教立継子算

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立の関連情報