コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜ヶ岳[町](読み)りゅうがたけ

百科事典マイペディアの解説

竜ヶ岳[町]【りゅうがたけ】

熊本県天草郡,天草上島南東部を占める旧町。八代(やつしろ)海の樋島(ひのしま)を含む。海岸の耕地は狭く半農半漁の集落が多い。主集落は沿岸漁業機帆船の基地。雲仙天草国立公園に属し,竜ヶ岳(470m)は展望がよい。2004年3月天草郡大矢野町,松島町,姫戸町と合併し,上天草市となる。17.49km2。5357人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうがたけ【竜ヶ岳[町]】

熊本県南西部,天草郡の町。天草上島南東端に位置する。人口5643(1995)。北部は竜ヶ岳(470m)を最高峰とする山地で,三方を八代海に囲まれる。山が海に迫っているため耕地はきわめて少ない。産業の中心は樋島(ひのしま)港を母港とする海運業で,船舶数は100隻をこえ,その多くは瀬戸内海海運に従事している。また樋島には県下では珍しい遠洋マグロ漁船基地がある。町内の上水道は対岸の芦北町から海底パイプにより送水される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android