コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲仙天草国立公園 うんぜんあまくさこくりつこうえん

6件 の用語解説(雲仙天草国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲仙天草国立公園
うんぜんあまくさこくりつこうえん

長崎県南東部島原半島雲仙岳を中心とした地域と,熊本県南西部天草諸島および鹿児島県北西部獅子島伊唐島長島の海岸地域からなる自然公園。面積 282.79km2。1934年雲仙地区を日本最初の国立公園八つのうちの一つとして指定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うんぜんあまくさ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【雲仙天草国立公園】

長崎・熊本・鹿児島の3県にまたがる国立公園雲仙岳雲仙温泉天草諸島からなる。昭和9年(1934)指定の最初の国立公園の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雲仙天草国立公園【うんぜんあまくさこくりつこうえん】

長崎県島原半島の雲仙地区と熊本県天草諸島一帯(一部鹿児島県)を含む国立公園。面積282.89km2。1934年雲仙地区指定,1956年天草地区追加指定。雲仙地区は雲仙岳雲仙温泉を中心とし,キャンプ場ゴルフ場が点在,ウンゼンツツジ,イヌツゲの群落,冬の霧氷が見られる
→関連項目東[町]天草[町]天草諸島牛深[市]鹿児島[県]熊本[県]倉岳[町]島原[市]新和[町]長崎[県]長島(鹿児島)長島[町]三角[町]竜ヶ岳[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

うんぜんあまくさこくりつこうえん【雲仙天草国立公園】

長崎・熊本・鹿児島の三県にまたがる国立公園。雲仙岳と天草諸島の沈降海岸がその中心。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県(熊本県)〕雲仙天草国立公園(うんぜんあまくさこくりつこうえん)


九州西部の国立公園。長崎県島原(しまばら)半島の雲仙岳、熊本県の天草諸島(一部鹿児島県)からなる。陸域面積2万8279ha、海中公園12ヵ所計115.7ha。1934年(昭和9)、日本最初の国立公園の一つとして雲仙が指定され、1956年に天草地区を追加、現称となる。火山・高原・温泉・海・島と変化に富んだ自然景観が特徴。雲仙地区はミヤマキリシマが分布し、池の原にある群落は天然記念物。天草地区は多島海と海食崖(かいしょくがい)の景観が特徴。雲仙地区は火山と温泉を中心に秋の紅葉、冬の樹氷も美しい。天草地区は天草五橋と島嶼(とうしょ)美、キリシタン史跡などで知られる日本有数の観光地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲仙天草国立公園
うんぜんあまくさこくりつこうえん

九州中西部、長崎県の雲仙と熊本県の天草諸島(長島およびその属島は鹿児島県)の2地域にわたる国立公園。陸域面積282.79平方キロメートル。
 雲仙地域は、1934年(昭和9)指定された日本最初の国立公園の一つで、島原半島中央部の雲仙温泉を中心として、それを取り巻く雲仙火山群の山岳美を観光の対象としている。雲仙温泉は、峯湯泉(みねのゆ)として古くから知られ、三十有余の噴気孔は、噴霧を高くあげる地獄の景観を呈し、古湯(ふるゆ)、新湯(しんゆ)、小地獄、別所(べっしょ)にホテル街を形成している。他方、江戸時代にはキリシタン弾圧のための地獄責めが行われた歴史をも有する。
 雲仙火山群はその昔、山岳仏教の聖地として栄え、雲仙の名称も仏寺の山号に由来するが、古くは高来(たかく)峰とよばれ、温泉(うんぜん)岳とも書かれた。山腹一帯は普賢(ふげん)岳紅葉樹林として国指定天然記念物となり、秋の紅葉はみごとで、春は妙見(みょうけん)岳から宝原(ほうばる)にかけてのミヤマキリシマ(ツツジ科)の大群落は、赤紫色の花のじゅうたんを敷き詰めたような美観を呈し、冬は山頂部に霧氷の華(はな)が銀色に輝く。以上の景観は特別名勝に指定されている。
 1956年(昭和31)編入された天草地域は、頼山陽(らいさんよう)が「雲耶山耶呉耶越(くもかやまかごかえつか)……」と吟じているように、西は天草灘(なだ)に臨み、さらにその西には東シナ海、中国大陸がある。雲仙地域が火山と温泉を中心とする公園であるのに対して、天草地域は海洋と島嶼(とうしょ)の公園である。観光の中心は、1966年開通し67年公園地区に編入された天草五橋沿線で、天草の島々を結ぶ近代的橋梁(きょうりょう)と島嶼美は、天草パールライン(国道266号)とよばれる観光ルートを形成している。また、上(かみ)島と下(しも)島を結ぶ本渡(ほんど)瀬戸に架けられた天草瀬戸大橋も美観を呈する。天草は小西行長(こにしゆきなが)の領有以来キリシタンの島となり、島原・天草一揆(いっき)の発生地をなした大矢野島、湯島(談合(だんごう)島)とともに富岡(とみおか)城跡、本戸(ほんど)城跡(天草市)などの旧跡が多く、本戸城跡には天草切支丹(キリシタン)館や殉教公園がある。崎津天主堂、大江天主堂は昔ながらの畳敷きの教会である。また、富岡、牛深(うしぶか)は海洋美に恵まれた漁港。なお、富岡、牛深、天草に海域公園(1.16平方キロメートル)がある。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲仙天草国立公園の関連キーワードFMしまばら島原港島原新聞島原城跡公園長崎県島原市上の原長崎県島原市小山町長崎県島原市城内長崎県島原市新山長崎県島原市寺町長崎県島原市西町

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雲仙天草国立公園の関連情報