松島町(読み)まつしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松島〔町〕
まつしま

宮城県中部,松島湾の北岸にある町。1928年町制。町域の大部分は松島丘陵で,北部に旧品井沼干拓地がある。松島湾内ではカキ,ノリの養殖が行なわれる。松島海岸は天橋立厳島(宮島)とともに日本三景の一つ。瑞巌寺五大堂のほか雄島,福浦島などの松島群島があり,松島観光の中心で,ホテル,旅館,みやげ物店などが多い。扇谷双観山と富山は,宮戸島大高森(東松島市),多聞山(七ヶ浜町)とともに松島四大観をなす。中心地区の高城(たかぎ)は藩政期から浜街道の宿場町として発達し,町の行政・経済の中心地。松島湾とその沿岸一帯は,松島県立自然公園に属する。小堀遠州作と伝えられる国の重要文化財,圓通院霊屋(えんつういんおたまや)がある。中央を JR東北本線が縦貫し,海岸線に沿って JR仙石線が通る。面積 53.56km2。人口 1万4421(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松島町の関連情報