天草市(読み)あまくさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天草〔市〕
あまくさ

熊本県南西部,天草諸島上島西半部から下島を占める市。島原湾天草灘八代海に面する。北部は早崎瀬戸を挟んで長崎県と,南部は長島海峡を隔てて鹿児島県と向かい合う。2006年本渡市,牛深市,有明町,御所浦町,倉岳町,栖本町,新和町,五和町,天草町,河浦町の 2市 8町が合体。市域のほとんどが山林で平野部は少なく,集落は海岸線沿いに点在。柑橘類や野菜栽培が農業の中心で,ウシやブタなどの畜産も行なう。沿岸漁業が盛んで良港が多く,タイ,ブリ,エビなども養殖する。西部では天草陶石を産する。南蛮文化の遺構や海食景観など観光資源に富み,長崎(雲仙)-熊本(阿蘇)-鹿児島(霧島)を結ぶ観光ルートの要所。中心市街地は上島と下島にまたがる本渡で,鎌倉時代は天草氏の居城地。キリシタン布教の中心地でもあり,天草学林(コレジヨ)や正覚寺(南蛮寺跡)などの史跡が多数見られる。下島西岸の下田温泉から南に下った大江,羊角湾(浦内浦)に面する崎津にかけては隠れキリシタンの里として知られ,弾圧を経て再建されたロマネスク風の大江天主堂,ゴシック風の崎津天主堂などがある。また海食された断崖の続く岩石海岸は景観がよく,海食洞の見られる妙見浦は国の名勝・天然記念物に指定。六郎次山は国の名勝,竜仙島(片島)は国の名勝・天然記念物,祇園橋は国の重要文化財,旧天草教育会館(本館,正門,塀)は国の登録有形文化財。妙見浦を含む市内海岸域の大部分と上島の倉岳(682m)一帯は雲仙天草国立公園に,西部の海域は天草海域公園地区に,南部の海域は牛深海域公園地区に属する。南岸沿いに国道266号線,北岸沿いに国道324号線(ロザリオライン),北西岸沿いに国道389号線(サンセットライン)が通じる。獅子島,島原半島の口之津などへ向かうフェリーがある。面積 683.78km2。人口 8万2739(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天草市の関連情報