コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

章惇 しょうとんZhāng Dūn

世界大百科事典 第2版の解説

しょうとん【章惇 Zhāng Dūn】

1035‐1105
中国,北宋の宰相。字は子厚。本籍は建州浦城(福建省),嘉祐4年(1059)の進士。博学の能吏として王安石に認められ,新法の中枢三司条例司に入る。1074年(熙寧7)大蔵大臣,80年副宰相に昇進。この間湖南省の少数民族対策に失敗して禍痕を残した。元祐(1086‐93)の旧法党時代は地方に左遷されていたが,哲宗親政とともに返り咲き,紹聖年間(1094‐97)新法党領袖として活躍。蔡京らと旧法党を弾圧。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

章惇の関連キーワードクヌートレイモン4世クヌット[2世]クヌートハロルド1世ウィリアム(1世)人工林ハインリヒ[4世]ハインリヒ[4世]アルフォンス1世

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android