コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金時習 きんじしゅうKim Sisǔp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金時習
きんじしゅう
Kim Sisǔp

[生]世宗17(1435)
[没]成宗24(1493)
朝鮮,李朝前期の作家。字,悦卿。号,梅月堂,東峰。幼年時代から神童の誉れが高かったが,首陽大君 (のちの世祖) が甥の端宗を殺して王位を奪ったことを知り,書物を焼き捨てて僧となった。のち慶州の金鰲山 (こんごうさん) に隠遁し著述に専念。短編集『金鰲新話』は中国明初の『剪燈新話 (せんとうしんわ) 』の影響を受けたものであるが,きわめて独自性の豊かな作品である。李朝漢文小説の最初の代表作であるばかりでなく,日本でも承応2 (1653) 年翻刻され,浅井了意の『御伽婢子 (おとぎぼうこ) 』にも,その影響がみられる。ほかに『梅月堂集』 (癸酉字本 23巻,11冊) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

金時習【きんじしゅう】

朝鮮の李朝時代の文人。号は梅月堂。七代世祖クーデタ王位についたので,政権に仕えることを拒否し,僧となり47歳で還俗するまで放浪する。儒・仏の混合した彼の文は《梅月堂集》に収められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんじしゅう【金時習 Kim Si‐sǔp】

1435‐93
朝鮮,李朝前期の文学者。字は悦卿,号は梅月堂,東峰。幼年時代から神童の誉れ高く学問に志したが,世祖が端宗を廃して王位を簒奪した(1455)のに悲憤慷慨し,書物を焚いて僧衣をまとい放浪の旅に出た。狂人をもって自処し,中年に一時還俗したが,隠退と放浪の生活を繰り返し,59歳を一期に鴻山の無量寺多情多恨の生涯を終えた。その間多くの詩文と仏教・儒教に関する卓越した著述をのこし,後世実学思想の形成に大きく影響したといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金時習
きんじしゅう / キムシスプ
(1435―1493)

朝鮮、李朝(りちょう)初期の文章家。字(あざな)は悦卿(えっきょう)、号は梅月堂。李朝第7代王の世祖が幼い甥(おい)の端宗を殺して王位を奪ったのを怒り、僧となった「生六臣」の一人。幼時から天才の誉れが高かったが、科挙に応ぜず、放浪の一生を送った。のちに金鰲(きんごう)山に入り山房を建ててこもり、朝鮮文学史上初めての漢文小説集『金鰲新話』を書いた。現在完本は伝えられないが、現存する『万福寺樗蒲記(ちょほき)』『李生窺墻伝(りせいきしょうでん)』など5編は朝鮮の小説の嚆矢(こうし)といわれている。47歳で還俗(げんぞく)。『梅月堂集』17巻など多くの著書を残した。儒教と仏教の精神をあわせもつ思想家、また優れた名文家として一世を風靡(ふうび)した。[尹 學 準]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の金時習の言及

【金鰲新話】より

…朝鮮,李朝前期の漢文伝奇小説集。作者は金時習。執筆年代は慶州の金鰲山に居を構えた31歳から36歳(1466‐71)の間という説が有力。…

※「金時習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金時習の関連キーワードキム・シスプ朝鮮説話朝鮮文学剪灯新話成宗伝奇

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android