コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肇慶 ちょうけい

3件 の用語解説(肇慶の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

肇慶【ちょうけい】

中国,広東省西部の都市。旧名は端州。珠江下流左岸にあり,水運の要地。交易が盛んで,付近農村の米,果物などを集散する。南東の爛柯(らんか)山から端渓の硯(すずり)を産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうけい【肇慶 Zhào qìng】

中国,広東省の中部西寄り,西江の北岸,新興江の合流点に位置する商工業都市。人口39万(1994)。漢代に高要県が置かれ,隋・唐代は端州の治所,宋代以後は肇慶府の治所であった。1912年高要県と改められ,58年に県の中心地区を分離して肇慶市が設置された。広州~梧州間の西江水運の要衝である。西江流域の肥沃な平野で生産される農産物の集散地として商業が盛ん。製粉,酒造など食品工業も発達している。手工芸品では花ござ,端渓硯が有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肇慶
ちょうけい / チャオチン

中国、広東(カントン)省中部西寄りの地区級市。人口386万6042、市轄区人口46万6699(2000)。珠江(しゅこう/チューチヤン)本流の西江北岸に位置し、西江水運の要地で、広州(こうしゅう/コワンチョウ)、梧州(ごしゅう/ウーチョウ)、江門に航路が開かれている。付近で生産される農産物の集散地で、食品加工、化学肥料、農機具などの工業がある。地下資源としては金を産出する。また、付近で産出する石を利用した硯(すずり)は端渓(たんけい)とよばれる名品である。市の北部の七星岩(しちせいがん)は小桂林(しょうけいりん/シャオコイリン)ともよばれる景勝地、保養地である。ほかに日本人入唐(にっとう)僧栄睿(えいえい)の記念碑や、白雲寺がある鼎湖山(ていこさん)などの名勝に富む。市域を三茂鉄道(三水―茂名(もめい/マオミン))が通過し、水陸連絡の要地となっている。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肇慶の関連情報