コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内雲濤 たけうち うんとう

2件 の用語解説(竹内雲濤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内雲濤 たけうち-うんとう

1815-1863* 江戸時代後期の漢詩人。
文化12年生まれ。豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩医山上準庵の子。江戸で梁川星巌(やながわ-せいがん)にまなび,玉池(ぎょくち)吟社にはいる。家職の医師をきらい,35歳で養子に家督をゆずった。文久2年12月14日死去。48歳。名は鵬。字(あざな)は九万。別号に酔死道人。詩集に「雲濤詩集」,著作に「蕉竹居詩話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

竹内雲濤

没年:文久2.12.14(1863.2.2)
生年:文化12(1815)
江戸後期の漢詩人。名は鵬,字は九万,号は雲濤,酔死道人。豊前小倉藩(福岡県北九州市)の医師山上準庵の次男で,父の同僚の医師竹内氏の養子となり,江戸に住した。梁川星巌に詩を学び,玉池吟社の同人のひとりとして活躍した。家職の医を厭い,35歳で養子を迎えて家督を譲り,致仕した。その後は房総や北越に遊歴し,詩を業として過ごした。拘束を嫌う奔放な性格で酒を好むこと甚だしく,豪放で変化に富んだ詩を詠んだが,貧窮に苦しんだ。詩集に『雲濤詩集』,詩話に『蕉竹居詩話』『雲濤談海』など。<参考文献>前田愛「竹内雲濤のこと」(『近世文学/作家と作品』)

(揖斐高)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹内雲濤の関連キーワード藤井竹外高島雲溟岡汝粛三好汝圭本田昂斎斎藤抱山小野斐郷松原東皐三上静一蓮禅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone