竹本 雛太夫(5代目)(読み)タケモト ヒナタユウ

  • 竹本 雛太夫(5代目) (たけもと ひなたゆう)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の義太夫節太夫(歌舞伎)



生年
明治31(1898)年10月13日

没年
昭和55(1980)年2月29日

出生地
大阪府

本名
小林 貞光(コバヤシ サダミツ)

別名
前名=林 長子(ハヤシ チョウシ),豊竹 竹弥(トヨタケ タケヤ),豊竹 竹大夫

主な受賞名〔年〕
勲四等旭日小綬章〔昭和53年〕

経歴
明治44年林長子と名乗り初舞台をふむ。大正5年義太夫三味線の豊沢広助に入門し、豊竹竹弥と名乗って三味線の修業を始めた。昭和6年太夫に転じ、豊竹古靱大夫(山城少掾)に入門、竹大夫となる。15年に5代目雛太夫を襲名、古靱大夫の愛弟子として文楽座で活躍するが、34年歌舞伎竹本(義太夫)へ転向。生来美声に加え、文楽で多年にわたってみがき上げた技芸円熟の極に達し、繊細で巧みな語り口は他の追随を許さないものがあった。53年人間国宝。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
義太夫節太夫(歌舞伎)

肩書
重要無形文化財保持者(歌舞伎音楽・竹本)〔昭和53年〕

本名
小林 貞光(コバヤシ サダミツ)

別名
別名=林 長子(ハヤシ チョウシ),前名=豊竹 竹弥(トヨタケ タケヤ),豊竹 竹太夫(トヨタケ タケタユウ)

生年月日
明治31年 10月13日

出生地
大阪府 大阪市

経歴
歌舞伎俳優を志し、林又一郎の内弟子となり、明治44年林長子と名乗り初舞台を踏む。大正5年俳優を廃業し、文楽座の三味線方・豊沢竹三郎(のちの7代目豊沢広助)に入門し、豊竹竹弥と名乗って三味線の修業を始めた。昭和6年太夫に転じ、豊竹古靱太夫(山城少掾)に入門、竹太夫となる。15年に5代目雛太夫を襲名、古靱太夫の愛弟子として文楽座で活躍するが、34年歌舞伎の竹本(義太夫)へ転向。39年野沢八造の死去により、相三味線が豊沢栄緑になる。47年ヨーロッパ歌舞伎公演に参加。50年国立劇場竹本研修生講師に就任。生来の美声に加え、文楽で多年にわたってみがき上げた技芸は円熟の極に達し、繊細で巧みな語り口は他の追随を許さないものがあった。53年人間国宝。

所属団体
伝統歌舞伎保存会

受賞
勲四等旭日小綬章〔昭和53年〕

没年月日
昭和55年 2月29日 (1980年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1898年10月13日
大正時代;昭和時代の義太夫節太夫(歌舞伎)
1980年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android