コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊沢広助(5代) とよざわ ひろすけ

2件 の用語解説(豊沢広助(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊沢広助(5代) とよざわ-ひろすけ

1831-1904 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
天保(てんぽう)2年10月15日生まれ。陸奥(みちのく)茂太夫の子。義太夫節の3代豊沢広助の弟子。豊沢豊之助,富助,2代猿糸をへて明治3年5代を襲名。2代竹本越路(こしじ)太夫(摂津大掾(せっつのだいじょう))らの相三味線をつとめる。2代豊沢団平とならび称された。明治37年2月18日死去。74歳。京都出身。本名は栗原豊助。通称は松葉屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

豊沢広助(5代)

没年:明治37.2.18(1904)
生年:天保2.10.15(1831.11.18)
明治期の文楽三味線の名手。本名栗原豊助。通称松葉屋の師匠。もと京都西陣の機屋だった陸奥茂太夫の子で,3代目広助に入門,豊之助,富助,2代目猿糸を経て明治3(1870)年に広助を襲名。2代目竹本越路太夫(摂津大掾)の相三味線を勤めていたが,2代目団平が弾くことになったあとは8代目染太夫らと組んで同17年彦六座に移り三味線紋下となったが,ほどなく2代目団平が彦六座に移ったため文楽座に戻って三味線紋下となり,再び越路太夫の相三味線を勤めた。技巧の洗練され尽くした芸で間と模様(情景,雰囲気,心理描写)を弾くことに卓抜,力の2代目団平に対抗する存在だった。<参考文献>『義太夫年表/明治篇』

(山田庄一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊沢広助(5代)の関連キーワード名庭絃阿弥口三味線三味線糸三味線駒ぺんぺん右和左古式部鶴沢寛治(7代)鶴沢清六(3代)野沢吉兵衛(6代)春富士大和掾

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone