コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊沢広助(5代) とよざわ ひろすけ

2件 の用語解説(豊沢広助(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊沢広助(5代) とよざわ-ひろすけ

1831-1904 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
天保(てんぽう)2年10月15日生まれ。陸奥(みちのく)茂太夫の子。義太夫節の3代豊沢広助の弟子。豊沢豊之助,富助,2代猿糸をへて明治3年5代を襲名。2代竹本越路(こしじ)太夫(摂津大掾(せっつのだいじょう))らの相三味線をつとめる。2代豊沢団平とならび称された。明治37年2月18日死去。74歳。京都出身。本名は栗原豊助。通称は松葉屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

豊沢広助(5代)

没年:明治37.2.18(1904)
生年:天保2.10.15(1831.11.18)
明治期の文楽三味線の名手。本名栗原豊助。通称松葉屋の師匠。もと京都西陣の機屋だった陸奥茂太夫の子で,3代目広助に入門,豊之助,富助,2代目猿糸を経て明治3(1870)年に広助を襲名。2代目竹本越路太夫(摂津大掾)の相三味線を勤めていたが,2代目団平が弾くことになったあとは8代目染太夫らと組んで同17年彦六座に移り三味線紋下となったが,ほどなく2代目団平が彦六座に移ったため文楽座に戻って三味線紋下となり,再び越路太夫の相三味線を勤めた。技巧の洗練され尽くした芸で間と模様(情景,雰囲気,心理描写)を弾くことに卓抜,力の2代目団平に対抗する存在だった。<参考文献>『義太夫年表/明治篇』

(山田庄一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

豊沢広助(5代)の関連キーワードバードゴローニンメイランペドロ解析変成作用熱雲東欧演劇島村光津豊沢広助(5代)毎日新聞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone