コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹村茂正 たけむら しげまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹村茂正 たけむら-しげまさ

1836-1897 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)7年8月1日生まれ。父竹村茂枝(しげえ)に国学を,井阪適翁に漢学をまなぶ。明治2年飯田守年,小川信邦らと伊豆(いず)三島(静岡県)に皇学舎をひらき,また三島神社の神職をつとめる。晩年に上京して房子内親王(北白川房子)につかえた。明治30年4月3日死去。62歳。伊豆君沢郡(静岡県)出身。字(あざな)は其徳。号は楢園,山外高樹楼。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

竹村茂正の関連キーワード明治時代国学者天保