コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田三之助 たけだ さんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹田三之助 たけだ-さんのすけ

1897-1965 大正-昭和時代の糸操(あやつ)り人形遣い。
明治30年4月17日生まれ。9代結城(ゆうき)孫三郎に入門して孫太郎を名のる。昭和30年竹田三之助と改名し,竹田人形座を創立した。32年「雪ん子」で芸術祭奨励賞を受賞。昭和40年12月20日死去。68歳。神奈川県出身。本名は石鍋元芳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の竹田三之助の言及

【人形劇】より

…10代目の孫三郎は芥川竜之介の《杜子春》を脚色上演して注目されたことがある。竹田人形座(竹田座)は1660年(万治3)ころに竹田出雲(いずも)が大坂につくり,糸操り,からくり,手遣い人形などで興行したが,8代目でつぶれたのを,竹田三之助が1955年に復興し,《雪ん子》を発表して注目され,海外へも進出した。 人形劇の国際的な連盟組織として,ウニマUNIMA(Union internationale de la marionnetteの略)が結成されたのは1929年チェコのプラハにおいてだった。…

※「竹田三之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竹田三之助の関連キーワード竹田 三之助竹田扇之助人形遣い昭和時代糸操り

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android