コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧辞 きゅうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旧辞
きゅうじ

『旧事』とも書き,「くじ」とも読む。また『上古諸事』『先代旧事』『本辞』ともいわれる。天皇家の系譜的記事である『帝紀』とともに作成された書物。5~6世紀頃,大和朝廷が国家と民族の過去を顧みようとする歴史的自覚から作られたらしい。現在は伝えられず,『古事記』や『日本書紀』の編纂史料として吸収された記事 (因幡白兎海幸山幸の話など) からその内容が推察される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐じ〔キウ‐〕【旧辞】

古い記録。
日本古代の口承された神話・伝説を記録したもの。古事記編纂(へんさん)の主要な資料。また、日本書紀の編纂にも利用された。本辞(ほんじ)。くじ。→帝紀(ていき)

く‐じ【旧辞】

きゅうじ(旧辞)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

旧辞【きゅうじ】

《本辞》《先代旧辞(くじ)》《上古諸事(じょうこしょじ)》とも。大和(やまと)国家成立にともなう皇権確立の自覚から述作された神代神話,歴代天皇時代の伝説・伝承歌謡の類。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうじ【旧辞】

昔の記録。
帝紀とともに古事記編纂へんさんにあたってその材料となったとされる書。神話・伝説・歌謡物語などを主内容としたと推定されているが、そのもの自体は伝わっていない。本辞。先代旧辞。くじ。

くじ【旧辞】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旧辞
きゅうじ

「くじ」とも読み、「本辞(ほんじ)」「先代(せんだい)旧辞」ともいわれた(『古事記』序文)。帝紀(ていき)(帝皇日継(ていおうのひつぎ))とともに『古事記』編纂(へんさん)のための主要な資料となり、また『日本書紀』の編纂にも使われた古代の神話・伝承の記録。その内容は『古事記』の文から推すと、神代の諸伝説、歴代天皇の巻々の諸説話、歌物語の類があり、これを伝承の性格から分類すれば祭祀(さいし)、氏族、芸能の3種となるといわれる。もともと各氏族にはそれぞれの神話、伝承が伝えられていたが、5~6世紀のころ大和(やまと)王権の発展とこれに伴う国家的自覚の成長を背景にして、大王を中心に各種旧辞の統合が図られ、統一的な政治構想をもつ記録がつくられたと考えられる。[黛 弘道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の旧辞の言及

【国記】より

…《日本書紀》の推古28年(620)条に〈天皇記及国記,臣・連・伴造・国造・百八十部幷公民等本記を録す〉とある。内容は不明だが,《古事記》の原史料となった《帝紀》《旧辞》のうちの《帝紀》に《天皇記》が相当するとすれば,《国記》は《旧辞》で,神代以来の物語の集成かという。《天皇記》《国記》は蘇我大臣家に伝わり,645年(大化1)大臣家が焼かれたとき,《国記》のみは船恵尺(ふなのえさか)が救いだして中大兄(なかのおおえ)皇子に献上したというが残っていない。…

【帝紀】より

…《古事記》中・下巻は,歴代天皇の系譜やおもな事跡に関する簡単な記録と,歌謡を含む物語部分からなるが,前者が帝紀,後者が旧辞を指すというのが通説である。《古事記》序文中に〈帝皇の日継,先代の旧辞〉などと,系譜と旧辞が対応するごとくに書かれているからである。…

【帝紀】より

…《古事記》中・下巻は,歴代天皇の系譜やおもな事跡に関する簡単な記録と,歌謡を含む物語部分からなるが,前者が帝紀,後者が旧辞を指すというのが通説である。《古事記》序文中に〈帝皇の日継,先代の旧辞〉などと,系譜と旧辞が対応するごとくに書かれているからである。…

※「旧辞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

旧辞の関連キーワード太安麻侶平群子首太安麻呂日本神話太安万侶稗田阿礼広瀬王やまと竹田王語部国記