コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田青嗣 たけだ せいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹田青嗣 たけだ-せいじ

1947- 昭和後期-平成時代の評論家。
昭和22年10月29日大阪生まれ。在日韓国人2世。昭和57年第1評論集「〈在日〉という根拠」で李恢成(イ-フエソン),金石範(キム-ソクポム),金鶴泳(キム-ハギヨン)を論じる。文芸評論のほか,哲学,思想,音楽など幅ひろい分野で活動し,著作に「意味とエロス」「世界という背理」「現代批評の遠近法」「陽水の快楽」など。明治学院大教授,のち早大教授。早大卒。本名は姜正秀(カン-ジヨンス)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

竹田青嗣の関連キーワードポスト・モダニズム丸山圭三郎昭和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹田青嗣の関連情報