コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金鶴泳 きんかくえい

百科事典マイペディアの解説

金鶴泳【きんかくえい】

小説家。群馬県生れ。在日朝鮮人2世。東大工学部卒。同大学大学院博士課程中退。名前の日本式の読みは作家自身による。志賀直哉らの影響下に創作を始める。1966年《凍える舌》で文芸賞受賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金鶴泳 きん-かくえい

キム-ハギョン

金鶴泳 キム-ハギョン

1938-1985 昭和時代後期の小説家。
昭和13年9月14日群馬県生まれ。41年吃音(きつおん)の苦しみと在日韓国人2世の民族的苦悩というテーマを追求した「凍える口」で文芸賞。つづいて「石の道」「鑿(のみ)」などが芥川賞候補となり,あたらしい世代の共感をよんだ。昭和60年1月4日自殺。48歳。東大卒。本名は広正(クワンジヨン)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

金鶴泳の関連キーワード竹田青嗣李恢成小説家

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android