清肺湯(読み)せいはいとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

せいはいとう【清肺湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)麦門冬(ばくもんどう)当帰(とうき)茯苓(ぶくりょう)天門冬(てんもんどう)杏仁(きょうにん)桔梗(ききょう)貝母(ばいも)桑白皮(そうはくひ)陳皮(ちんぴ)黄芩(おうごん)梔子(しし)または山梔子(さんしし)竹筎(ちくじょ)大棗(たいそう)生姜(しょうきょう)五味子(ごみし)甘草(かんぞう)などを含む。明(みん)代の医学書『万病回春(まんびょうかいしゅん)』などに処方が示されている。慢性化した咳(せき)に用い、粘りがあり切れにくい痰(たん)が多く出るとき、とくに有効とされる。体力の弱っている人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android