コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清肺湯 せいはいとう

1件 の用語解説(清肺湯の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

せいはいとう【清肺湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)麦門冬(ばくもんどう)当帰(とうき)茯苓(ぶくりょう)天門冬(てんもんどう)杏仁(きょうにん)桔梗(ききょう)貝母(ばいも)桑白皮(そうはくひ)陳皮(ちんぴ)黄芩(おうごん)梔子(しし)または山梔子(さんしし)竹筎(ちくじょ)大棗(たいそう)生姜(しょうきょう)五味子(ごみし)甘草(かんぞう)などを含む。明(みん)代の医学書『万病回春(まんびょうかいしゅん)』などに処方が示されている。慢性化した咳(せき)に用い、粘りがあり切れにくい痰(たん)が多く出るとき、とくに有効とされる。体力の弱っている人がおもな対象。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清肺湯の関連キーワード漢方薬生薬和漢薬薬酒草薬麦門冬方薬和薬上薬処方薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone