コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清肺湯 せいはいとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

せいはいとう【清肺湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)麦門冬(ばくもんどう)当帰(とうき)茯苓(ぶくりょう)天門冬(てんもんどう)杏仁(きょうにん)桔梗(ききょう)貝母(ばいも)桑白皮(そうはくひ)陳皮(ちんぴ)黄芩(おうごん)梔子(しし)または山梔子(さんしし)竹筎(ちくじょ)大棗(たいそう)生姜(しょうきょう)五味子(ごみし)甘草(かんぞう)などを含む。明(みん)代の医学書『万病回春(まんびょうかいしゅん)』などに処方が示されている。慢性化した咳(せき)に用い、粘りがあり切れにくい痰(たん)が多く出るとき、とくに有効とされる。体力の弱っている人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

清肺湯の関連キーワード枇杷葉辛夷百合

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android