コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹筎温胆湯 ちくじょうんたんとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ちくじょうんたんとう【竹筎温胆湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)竹筎半夏(はんげ)柴胡(さいこ)麦門冬(ばくもんどう)茯苓(ぶくりょう)桔梗(ききょう)枳実(きじつ)香附子(こうぶし)陳皮(ちんぴ)黄連(おうれん)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)人参(にんじん)などを含む。明(みん)代の医学書『万病回春(まんびょうかいしゅん)』などに処方が示されている。風邪(かぜ)気管支炎が長引いて症状が治まらない、また熱が下がってもすっきりしない場合などに用い、精神的に落ち着かないとき、とくに有効とされる。比較的体力が低下している人がおもな対象。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報